読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏輝(なつき)とお母(かあ)の毎日のこと・・・母ちゃんの歌の記憶

 お母(かあ)は、実家の母親が歌を歌っている記憶がほとんどなくて、この前初七日の時に兄姉にその話をしたら「えーっ!そんなことないよ。母ちゃんは〇〇子(お母の名前)が小さい頃にはよく、子守唄を歌ってあげてたよ」って言われたんだって。お母(かあ)のために歌ってくれていたのに・・・悲しいことに、お母(かあ)は全く記憶がないんだ・・・。今では考えられないけど、お母(かあ)はまだ小さい小さい子供だったからね。

 悲しいことや怖いことは忘れてもいいから、そんな大切なことは懐かしい思い出としていつまでも記憶に残っているといいなぁ。どんな歌を歌っていたのか聞いたら「とんとんとんからりんと隣り組♪」とか「鐘がなりますキンコンカン♪」とか・・・。お母(かあ)はちょっと口ずさんでみたら、母ちゃんとの小さい頃の思い出がよみがえって、もう一度母ちゃんと会いたいなぁ・・って思ったお母(かあ)なんだよ。

写真は、秋保大橋から見た不動滝橋だよ。

f:id:koromokku:20151029224254j:plain