読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏輝(なつき)とお母(かあ)の毎日のこと・・・念願のドッコ沼へ

 お母(かあ)が中学2年の時の野外活動で、宮城蔵王のお釜~熊野岳地蔵岳を経てたどり着いたのが、エメラルドグリーンに輝くドッコ沼だったんだって。水面は透き通り、湖面はエメラルドグリーンに見える不思議な世界に魅了されて、もう一度訪れてみたいと思いながら何故か願いが叶わなずあれから約40年を経て、ようやくお母(かあ)はガイド付きトレッキングで再びドッコ沼を訪れることができたんだよ。
 ドッコ沼の底からは水が涌き出ていて、山形市の水瓶(水源)の役割も果たしているんだって。
 今はすぐ近くまで車で行くことができるようになったみたいだけど(ただし道幅が狭いので注意が必要)、蔵王中央ロープウェイに乗って鳥兜駅からリフトに乗り換えて近道するか、ブナの林の間を他の小さな沼を回りながらゆっくり歩いて向かうのがオススメなんだって♪

  ドッコ沼…一度見たらきっと誰でも好きになると思うよ。

f:id:koromokku:20160822222842j:plain