読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏輝(なつき)とお母(かあ)の毎日のこと・・・久しぶりに心配かけちゃった…

 昨年の暮れに、突然発作?(後ろ足の痙攣)がおきてみんなを心配させたぼくなんだよ。あんなに心配をかけたのは小さい時にグリスの入ったチューブを食べて病院に運ばれて以来のことかなあ~。
 痙攣は10分くらいで治まったけど、初めてのことだったからみんなが凄く心配して夜間救急病院に連れて行ってくれたんだよ。それもお父(とう)とお母(かあ)とお兄ちゃんとお姉ちゃんの4人がかりで、案の定「乗らないよ~~降ろしてよ~( ; ゜Д゜)」ってパニックになってるぼくを無理矢理車に押し込んで、1時間かかる救急病院にどうにかたどり着いて、待ち時間もじっとしていられないぼくを散歩に連れ出して気を紛らせたりしてようやく診察してもらえたんだけど、そこでもドタバタ劇が繰り広られて冷や汗をかいたり恐縮したりの悪夢のような数時間だったんだってさ。
 静かに車に乗ったり、他のワンちゃんやニャンコちゃんみたいに待合室や診察室でジッとしていられないのはぼくのせいじゃないみたい。ちゃんと躾をしなかったお母(かあ)たちの責任なんだってさ。だからかなぁ…ぼくはあんなに大騒ぎしたのに叱られなかったよ。それにぼくは車は苦手だけど、動物病院は色んな匂いがするし先生も大好きだし、初めての町を散歩したのも凄く楽しかったんだ(´∀`)
エコーや血液検査は異常無しで脳の検査はそこでは出来なかったから結局原因不明のままなんだって。
 痙攣がおきた時、目を見開く、異常なぐらいのヨダレ( ゜ρ゜ )と失禁があった、それから最近体重が急激に増えた(46㎏)ことも含めると、もしかしたらテンカンなんじゃないかなぁ?ってお母(かあ)は素人判断してるんだ( ̄▽ ̄;)…
その後は痙攣も起きてないから安心してね。治療費がかなりかかってビックリΣ(・ω・ノ)ノ!のお母(かあ)たちだったけど、ぼくも家族の一人だから元気になっただけでも安心で嬉しいんだって。
 ぼくはすっかり元気になったけど、お母(かあ)が一昨日から喉痛と熱の風邪をひいちゃって、ここ2~3日パソコン封印状態だったんだ。喉痛は残っているけど今日は久しぶりにパソコンを開いて幸せ(*´∀`*)そうだし、ぼくもお母(かあ)との散歩が復活して幸せ(*´∀`*)な気持ちなんだよ♪

 写真は、痙攣が起きてからみんなが心配してくれて、夜は寒いだろうって毛布や古着で囲ってもらってヌクヌクしているぼく(夏輝)だよ。

f:id:koromokku:20170116231320j:plain